FC2ブログ
出会えた命の足跡
  • 01«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • »03
2020年02月24日 (月) | 編集 |
kokyaku 750 (2)

醍醐朗(だいごろう)こと醍ちゃんとは2010年からお世話させて頂き、先日2月4日に17歳で大往生しました・・

醍ちゃんは柴犬のオスで未去勢で、ご家族は初めての犬だそうです・・。

小さい頃からやはりやんちゃで、ご家族の皆さんも噛まれたそうです・・
実際、私も散歩から戻って家に入る際、足を拭く時は、何度か歯をあてられました・・
でも私はひるむことなく、「あっ!」と声を出して、淡々と拭いていましたが・・・

余談ですが、未去勢のオスは以前、王国にも居ました・・・
リキという柴犬は、噛むから・・という理由で3回飼い主が代り、なぜか王国にやってきました・・
ご飯に執着が強く、私も噛まれ、その当時は対処法が全くわからなかったので、リキと戦ってしまいました・・
北海道の王国で犬に噛まれたのは、あとにも先にもそのリキだけでしたので、柴犬の未去勢のオスに対して、どこか引っ掛かりは未だにあります・・・

去勢をすればいくらか性格も落ち着くし、精巣の病気も防げると思ってましたが、醍ちゃんの場合は病気は外耳炎になっただけで、その時に馬肉のドックフードに替えてからは健康になり、柴犬特有の皮膚病にもなりませんでした・・

散歩中でも「醍ちゃんはちょっと近づけないで・・」と言われることもあり、全く他のオスとは接触できませんでしたが、唯一、去勢済の柴犬の銀ちゃんだけは受け入れ、醍ちゃん家でお水とおやつをあげることを寛大に許していました・・

画像-0872 (2)

  銀ちゃん(左)   醍ちゃん(右)


そんな醍ちゃんと最後に散歩したのが2017年の冬・・

2020022412480000.jpg

この時もすでにフラフラで、階段が登れないからという理由で、ご家族はもう連れて行かなかったみたいですが、大好きな森の中の散歩に連れて行くと、昔のようの軽やかな足取りで、嬉しそうでした・・

その後寝たきりとなり、ご家族の献身的な素晴らしい介護のおかげで、2020年を迎え、最後の1か月は摂食できなくても水と甘酒と補液だけで頑張りました!


たくさんの柴犬をお世話させて頂きましたが、醍ちゃんは貴重で、ご家族の介護を含め、いろんな事を勉強させてもらいました!
長い間、お世話させて頂き、本当にありがとうございました・・

醍ちゃん・・かっこよかったよ~! ありがとう~

スポンサーサイト





2020年01月25日 (土) | 編集 |
  マロンちゃん (2)


マロンちゃん男の子で、3ヶ月の子猫の時からなので、もう7年目のお付き合いです~

いつも定期的に、年始とお盆とたまに5月にお声がかかるので、年に2回は必ず会えるのですが、久しぶりに会う初日は、いつも毛を逆立て、すごい声で歓迎してくれます・・・

2020012510510000.jpg

でもすぐにゴロゴロと甘えん坊になります・・

2020012510520000.jpg

最初は鳥さんが居ましたが亡くなり、独りの留守番も寂しかったので友猫をお勧めしましたが、今年から金魚さんが増えました・・

可愛いマロンちゃん~ またレーザービームで遊ぼうね~

 


2020年01月12日 (日) | 編集 |
2おせち


すっかりお正月も過ぎましたが、今年は何年ぶりにお重を出して、おせちを詰めました~

・・・と言っても、ほとんど出来合いの物を買って詰めただけです・・・

でもこれは、独り暮らしの高齢の方に差し入れしたので、我が家は相変わらず質素なもので、オモチの量も年々減ってきてました・・


昨年に新人さんが入ったのにも関わらず、年末年始は仕事が激減したので、少々焦りつつも、ゆっくり、のんびりしてます・・

猫仕事は新年早々に7匹の手術の搬送を終えたばかりで、今年はこれ以上、保護猫が増えないように・・と願うばかりです・・


今年は2020年・・・  令和とかわり、

世間はオリンピックでもちきりですが、個人的にこの年を無事に迎えられたのも本当に感謝です・・

今年も健やかに・・・、平和に穏やかに暮らせると良いですね~

シッターを初めて12年目・・・

また一年・・・よろしくお願い致します・・・
[続きを読む...]


2019年12月25日 (水) | 編集 |



ハナちゃんとは去年の夏からの出会いで、今日も一緒にお散歩してきました~

もうすぐ12歳という高齢ですが、まだまだ元気で力強く引っ張ってくれます・・

飼い主さんも高齢の方ですが、もともとハナちゃんは、亡き弟さんの飼い犬だったそうです・・・

先日、気になることがあるというので病院に連れて行ったのですが、(飼い主さんは車がないので・・

車自体にほとんど乗ったことがないのと、前回ちょっとしたアクシデントもあったことから、とにかく車の中でパニックして暴れまわり、そして病院が嫌いなので待合室に入ろうとせず、病院から遠ざかろうと待ってる2時間の間、ずっとウロウロと歩き回ってました・・

でも診察の時は借りてきた猫状態で、とても大人しいです・・

2019122315000000.jpg

自分の家に戻って落ち着くと、ご褒美のおやつをねだる姿は、まだまだ長生きできそうです

飼い主さん共々、頑張ってほしいですし、これからも応援して見守っていこうと思ってます~


2019年12月04日 (水) | 編集 |
IMG_0101 (1)



コルとリカは姉妹で捨てられ、小さい頃からずっと2匹で馬房で生活していたそうです・・

馬房・・というから馬が出入りするのは全然問題ないのですが、他の犬が入ってくると、それはすごい剣幕で吠えて寄せ付けませんでした・・
完全に自分たちのテリトリーで、ご飯を持っていく時しか接点がなく、2匹仲良いおばあちゃん犬という印象でした~


王国の夕ご飯は母屋の台所でみんなで食べるのですが、その時に先輩が、
「今日、リカちゃんがご飯を全く食べなくて、具合悪そうだから母屋に入れたんだけど・・・」
それを聞いた犬担当の一番の先輩が一言・・
寿命じゃない・・・?」  


そしてみんな食べ終わると、それぞれお風呂に入ったり、テレビを見る以外はほとんど自分の部屋に戻っていきます・・

具合悪いリカちゃんはポツン・・と横たわっていて、誰一人見ていなく、王国に入ってまだ2カ月足らずの私は何も出来なかったですが傍についてました・...

しばらくすると呼吸が荒くなり、大きく息を吸った後、大と小をした後、そのまま動かなくなりました・・

私は初めて犬の死を目の当たりにして、すぐに先輩を呼びに行きました・・・

その時は本当に寿命だったのか、もしかしたら病院に連れていったらもっとなんとかなったんじゃないか・・・と、

リカちゃんとの思い出は全くないのですが、衝撃的な死に目で未だに鮮明に覚えています・・・

・・・と同時に、冷たく言い放った「寿命じゃない・・?」という言葉は、私の中で、何かが違う・・・と感じた始まりでした・・



   1989年 12月4日 逝去  11歳


リカちゃん亡き後はコル1匹で寂しそうなので、母屋の台所に入れてもらうことができ、猫と一緒に余生を送り、16歳まで頑張りました・・・・。

IMG_0967_convert_20191204224926.jpg