FC2ブログ
出会えた命の足跡
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
2020年06月30日 (火) | 編集 |





この4・5・6 の3か月間は、ご依頼メールは一切なく、来るのは迷惑メールと野良猫の相談くらいで、唯一、アクセルくんの散歩のみでした・・

アクセルくんは今年で満10歳になりますが、歯がボロボロです・・。

たくさんの犬の歯を見てきましたが、アクちゃんほどのは初めてです・・

過去に麻酔して歯石除去の経験があるというのは聞いていて、私も2回ほど歯石除去をしましたが、ちょっとそのレベルではないと思い、無麻酔で施術してくるところにも連れていってみてもらいましたが、やはりそこでも無麻酔のレベルでないと言われました・・・

そこで歯を専門としている動物病院を紹介してもらい、飼い主さんと相談した結果、「全てお任せします・・」となり、
今月の初めに予約して、血液検査、レントゲン検査、エコー検査、そしてCT検査までして、なんと19本抜歯しました・・


1591439170781.jpg

犬の歯は本来42本あるのですが、アクちゃんの残っている歯は10本ぐらいだそうです・・

私も今、歯医者に通っていますが、ちょっと痛いだけでも憂鬱になりますし、食べたいものが食べられないのは本当に悲しくなります・・

アクちゃんも相当、落ち込んでるかな~?・・と思いましたが、次の日の散歩もいつも通り、元気に走ってました・・

犬ってタフですね~

本当に勉強になります・・・



[続きを読む...]
スポンサーサイト





2020年05月31日 (日) | 編集 |
DSCF0023 (4)_Moment

野良猫さんの為に監視カメラを置いてから1年経ち、新たなノラさんは出現しなくなりましたが・・・

このトラ(勝手につけてる名前)は、以前、コロと仲良しだったキジ猫で、ご近所さんに寝床もご飯もあるのだけど、たまに我が家に来て、スリスリしておやつをねだります・・

そんなキジトラが我が家のご飯を何度も何度も食べに来てるのはオカシイ・・と思ったら、別猫が2匹いました・・

DSCF0018_Moment.jpg

このキジは女の子で、すごい警戒心が強くてビビりなので、ビビちゃんと名付けました・・

DSCF0012_Moment(2).jpg

んで、もう1匹は一回り大きい男の子で、なんと耳カット済でした・・

同じキジ柄でも良く見ると、顔も違うし、尻尾も違いますね・・

この子は尻尾の先が大きいのでデカオと付けましたが、とにかく威張っていて、他の猫にケンカしまくってます・・・


そしてなんと東京なのに、キツネが現れました~   

ホンドキツネは、東京にもいるんですね・・・

このデカオは、キツネと対面しても逃げないほど、度胸が据わってます...


DSCF0020_Moment.jpg

DSCF0048_Moment (2)

他にも、動物園でしか見たことがない、二ホンアナグマも来ました・

DSCF0079 (1)_Moment

そして定番のようにホンドタヌキと、アライグマさんもたまに来てます・・・

DSCF0043 (1)_Moment

DSCF0062_Moment.jpg



2020年04月14日 (火) | 編集 |
MY FAMILY 280 (2)

先月中旬に男性から電話があり、
「そちらは新規のお客さんを受け付けてますか?」
 というので、「はい・・」と答えた後、

「こちらは〇▽×という会社で・・・」とすごい早口でダッツーーーと話してくるので、
聞き取れなくてもう一度聞き返しても、やはり良くわからないので、
もしかしたらなんかの勧誘なのかと思い、そちらの住所はどちらですか? と聞いたら、
「新宿です・・」  
というので、速攻で「管轄外です・・」と答えると、
これまた速攻で、「そうですか・・」とプッツと切られました・・・

全く意味わからなくて後味悪く思ってましたが、
その後すぐに、志村けんさんのコロナ感染の報道がありました・・・


もしかしたら、コロナに感染した方のペットのお世話の依頼だったかもしれません・・・

明日は我が身ということもあるので、動物病院の先生に対処法を聞いたら、獣医師協会で公布されてるものがありました~

東京獣医師会

そしたらなんと、太っ腹な企業がありました~

コロナ感染者のペットを無償でお預かりする

d28421-33-563290-2.png

震災の時もこういう企業さんがあったら良かったですね・・

志村けんさんの2匹の愛犬も引き取りてが見つかったそうで、良かったです・・





2020年03月29日 (日) | 編集 |
2020032707450000 (1)


昨年の4月に入った新人の安達さんが、この度、独立しました~

ペットシッターmomo


彼女は20代のピチピチですが、とても勉強熱心でしっかりしてます

私が何年かかっても慣れてくれない猫さんでも、あっという間に打ち解けてしまう天性のものを持ってます
 
それに私が同じ20代の頃は、なぁ~んにも考えてなかったですし、北海道の広い大地で犬達とのんびり戯れてばかりでしたからね・・・
ましてや、自分で仕事を始めようなんて思ってもみなかったです・・


お姉さんがドッグトレーナーをしてるそうなので、ゆくゆくは一緒にされるそうです~

そして私が携われなったペットタクシーも近々始める予定ですので、どうぞご利用してくださいませ~

当面はまだこちらも手伝ってくれますが、軌道にのり、一本立ちできたら彼女に全て受け継いでもらい、私は引退をするつもりです。


  今はコロナで、もれなく仕事の影響を受けておりますが、健康な身体あってこそなので、何年かして笑い話になるよう、今はとりあえず頑張りましょう~





2020年02月24日 (月) | 編集 |
kokyaku 750 (2)

醍醐朗(だいごろう)こと醍ちゃんとは2010年からお世話させて頂き、先日2月4日に17歳で大往生しました・・

醍ちゃんは柴犬のオスで未去勢で、ご家族は初めての犬だそうです・・。

小さい頃からやはりやんちゃで、ご家族の皆さんも噛まれたそうです・・
実際、私も散歩から戻って家に入る際、足を拭く時は、何度か歯をあてられました・・
でも私はひるむことなく、「あっ!」と声を出して、淡々と拭いていましたが・・・

余談ですが、未去勢のオスは以前、王国にも居ました・・・
リキという柴犬は、噛むから・・という理由で3回飼い主が代り、なぜか王国にやってきました・・
ご飯に執着が強く、私も噛まれ、その当時は対処法が全くわからなかったので、リキと戦ってしまいました・・
北海道の王国で犬に噛まれたのは、あとにも先にもそのリキだけでしたので、柴犬の未去勢のオスに対して、どこか引っ掛かりは未だにあります・・・

去勢をすればいくらか性格も落ち着くし、精巣の病気も防げると思ってましたが、醍ちゃんの場合は病気は外耳炎になっただけで、その時に馬肉のドックフードに替えてからは健康になり、柴犬特有の皮膚病にもなりませんでした・・

散歩中でも「醍ちゃんはちょっと近づけないで・・」と言われることもあり、全く他のオスとは接触できませんでしたが、唯一、去勢済の柴犬の銀ちゃんだけは受け入れ、醍ちゃん家でお水とおやつをあげることを寛大に許していました・・

画像-0872 (2)

  銀ちゃん(左)   醍ちゃん(右)


そんな醍ちゃんと最後に散歩したのが2017年の冬・・

2020022412480000.jpg

この時もすでにフラフラで、階段が登れないからという理由で、ご家族はもう連れて行かなかったみたいですが、大好きな森の中の散歩に連れて行くと、昔のようの軽やかな足取りで、嬉しそうでした・・

その後寝たきりとなり、ご家族の献身的な素晴らしい介護のおかげで、2020年を迎え、最後の1か月は摂食できなくても水と甘酒と補液だけで頑張りました!


たくさんの柴犬をお世話させて頂きましたが、醍ちゃんは貴重で、ご家族の介護を含め、いろんな事を勉強させてもらいました!
長い間、お世話させて頂き、本当にありがとうございました・・

醍ちゃん・・かっこよかったよ~! ありがとう~