FC2ブログ
出会えた命の足跡
2016年08月01日 (月) | 編集 |


3年前にボギーが去った後、備えとして介護道具を一式揃えていた・・・。

まだまだ使う予定がないからと、顧客さんの犬たちにレンタルもしていた・・・。

ほとんど使用することなく、アスカは逝ってしまった・・・。


おじいさんのバロンが17歳の長寿で、膀胱炎以外の病気は何一つなかったので、アスカも長生きしてくれるだろう・・と思ってた・・。

もっと一緒に居たかった・・・



アスカは「ひまわり」みたいに明るかった・・・と知り合いが、向日葵で弔ってくれた。

人にも犬にもフレンドリーだった明るいアスカが居なくなって、何よりパグのシジミがとてつもなくダメージを受けている・・。

今日で8日間、自分から食べようとしないし、水もほとんど飲まない・・・。

どの犬にもしたことがない強制給餌と、補液をしてなんとか生きてる・・。

たくさんの犬の介護をしてきたが、「食べない・・」のが一番つらい・・・。

DSC_0166.jpg








スポンサーサイト