FC2ブログ
出会えた命の足跡
JOY
2016年08月26日 (金) | 編集 |


王国では、小型犬のオスは育たない・・というジンクスがあった・・。

犬の群れ社会には雄の子孫繁栄という本能があり、先輩が担当していた2匹のパグのオスは同じ雄犬に殺られ、その雄犬をスコップで叩いて同じ目に合わせてやりたかった・・・・と、苦い話も聞いていたが・・・、
犬の群れを管理するのはやはり人間なのだから、管理不足、躾不足を責めるべきだと思った・・・。

ジャックラッセルテリアのJOYが生まれた頃は、その当時まだJKC(日本ケンネルクラブ)に犬種認定がされてなく、売れ残っていたのを引き取った。

オスだったが、私はフリスビーとかアジリティーとかを一緒にやりたくて、なんでも楽しめるように「JOY」と名付けた・・。

運動能力は抜群だったが、やはり小型のオスは気が強く、メスに夢中でフリスビーにあまり集中しなく、何度か北海道でのフリスビー大会に出場もしたが、あまり良い成績は残せなかった・・・。
というのもその当時、小型犬と大型犬は分かれてなく、30匹いても真ん中あたりだった・・。(言い訳・・?

フジテレビがお台場に移転して間もない時、フリスビー大会にも出場して、「愛犬ジャーナル」という雑誌に載ったのがとてもうれしくて、いまだに宝物にしている・・。
       

joy_convert_20160826173658.jpg

ライバルが出来れば少しはやる気が出るかと思い、2年後にこれまたシェパードのボギーくんが生後4か月で売れ残っていたのを引き取り、そして去勢手術も行い、順調にいっていた矢先・・・・

犬ゾリ軍団に殺られてしまった・・・。

私は人生で初めて、このまま死んでもいい・・と思った・・。 
悔しかった・・・悲しかった・・・

でもその当時まだ私には10匹の犬がいて、その子たちを置いていけなった・・・・。

JOY・・・ゴメンね・・。 大好きだったよ・・

  1999年 8月26日 享年3歳


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック