FC2ブログ
出会えた命の足跡
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
2018年03月01日 (木) | 編集 |


中標津の宿舎でジン(父)とテキーラ(母)の間の8匹兄妹で、5匹は里親がみつかりましたが、
先天性の足が悪かったターキー♂は中標津に残し、ライカ♀が犬ゾリ軍団に入り、売れ残っていた♂のボギーを私が引き取りました・・

なるべく♂は避けたかったのですが、♂しか残っていなかったので仕方なく、ジャックラッセルテリアのJOYのフリスビーの向上心を高める為にボギーを入れました・・
(♂は子孫繁栄の本能で、ケンカが絶えないからです・・

とにかく賢く、教えればなんでも習得する優等生で、さすがシェパード!と思いました・・・

番長のビアンカと、おっとりボス、ボール遊び仲間のレイラの女軍団の中で育ちましたが、一度もオスっ気は出なかったです

生後1歳になってしっかり身体が出来てから去勢手術をして、股関節のレントゲンを撮って異常はなかったので、フリースタイルでとてつもないほどのジャンプもさせていました・・・

Nabaho311 (2)_LI

北海道の大地は、土の上や雪の上ということもあったからか脚への負担をやわらげていたらしく、
東京に引っ越してから関節炎となってしまいました・・

アスファルトの上を歩くからだと思っていましたが、元凶はここからだったかもしれません・・・

フリスビーより何よりボールが大好きで、それを利用して視符(手の動作で指示)はレイラ以上に習得でき、プロモーションビデオでは大活躍?でした・・

5年前に去ったボギー・・・ 

王国が閉園した後、ターキーとライカは北海道に戻ったけど、兄妹8匹の中で2番目に長生きしてくれました・・


貴方はたくさんの人に好かれていて、それだけ何か特別なものを持っていたのかもしれないが、私には未だにわからないです・・

ただ表面に出さないクールさと、照れ屋で真正直なところがボギーの魅力だったかな・・・?と思います。

いきさつははどうであれ、私のところに来てくれてありがとう~

そして嫌じゃなかったら、私のところにまた来てね・・・

              
        2013年 3月1日  享年 14歳8ヵ月
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック