FC2ブログ
出会えた命の足跡
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
2019年10月23日 (水) | 編集 |


台風19号の日は、3件の仕事が入ってました
2件はご家族の方がいらっしゃったので、甘えさせて頂きましたが、
1件は飼い主さんが入院していて、犬だけお留守番という事態でした・・
幸いにも我が家から近くだったのですが、朝8時から警戒警報が鳴りっぱなしで、いざという時は犬を保護して避難するしかない・・と思ってました・・・
でもこれも本当に有難いことに4軒どなりのご家族の方が、〇〇ちゃん(犬)の事をとても可愛がってくださっていて、夜は一緒についていてくれるということで、飼い主さんに報告し、私の肩の荷も軽くなり、助かりました・・・・

上の写真は、夕方のお世話が終わった帰りの川口川です・・
 
夕方の時点でスレスレの状態なので、台風が上陸したら氾濫するのではないかと、気が気でなく、何度も何度も外に出ては雨量を確認してました・・

私は小さい時に住んでた団地のトイレの水がよく止まらないことがあり、止まらない水の流れに恐怖心があるのです・・

水道の蛇口からポタポタと落ちる水滴もダメで、無駄にある握力で閉めるものですから、私の後に水道を使うと、硬くて手が痛くなる!・・・とよく王国の先輩に怒られてました・・・


高齢の一人暮らしの顧客さんに連絡しましたが、やはり皆さん、ペットがいるから避難はしないとの事・・・

私も一応、一番近い避難所の小学校に電話して、「ペットと同行避難は可能ですか?・・」と聞くと、
その方は小学校の警備員だから判断出来ず、防災課の方に代わります・・と2分待たされ、
「大丈夫ですが、ケージの中です・・」と。
ただ避難所によっては、屋外に出されることもある・・と聞いたので、やめました・・・

「いざとなったら2階に避難しにおいで・・」とお隣さんが言ってくださり、
不安だらけの平屋の我が家に5匹の猫のキャリーを並べ、
18:00に6回目の避難警報がなった時は、もう覚悟しました・・

覚悟すると人間は強くなれるみたいで、いつも通り、ビールを飲んでました・・・

夜の9時半に急に静かになり、外に出て雨が止んだことを確認して、何事もなく無事にいられた事に感謝しました・・

2019101512200000 (1)


2019101512220000.jpg

2019101512190000 (2)

2019101512190000.jpg

2019101512190000 (1)


一夜明けた川口川です・・

氾濫一歩手前でした・・





余談・・・ 地震やらなにかあった時、いつも母は真っ先に心配の電話をくれました・・
      
母亡き後は誰からも心配されることなく、まるで私には身内がいないのかとさえ思った台風でした・・・

スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック