FC2ブログ
出会えた命の足跡
  • 12«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »02
2019年12月04日 (水) | 編集 |
IMG_0101 (1)



コルとリカは姉妹で捨てられ、小さい頃からずっと2匹で馬房で生活していたそうです・・

馬房・・というから馬が出入りするのは全然問題ないのですが、他の犬が入ってくると、それはすごい剣幕で吠えて寄せ付けませんでした・・
完全に自分たちのテリトリーで、ご飯を持っていく時しか接点がなく、2匹仲良いおばあちゃん犬という印象でした~


王国の夕ご飯は母屋の台所でみんなで食べるのですが、その時に先輩が、
「今日、リカちゃんがご飯を全く食べなくて、具合悪そうだから母屋に入れたんだけど・・・」
それを聞いた犬担当の一番の先輩が一言・・
寿命じゃない・・・?」  


そしてみんな食べ終わると、それぞれお風呂に入ったり、テレビを見る以外はほとんど自分の部屋に戻っていきます・・

具合悪いリカちゃんはポツン・・と横たわっていて、誰一人見ていなく、王国に入ってまだ2カ月足らずの私は何も出来なかったですが傍についてました・...

しばらくすると呼吸が荒くなり、大きく息を吸った後、大と小をした後、そのまま動かなくなりました・・

私は初めて犬の死を目の当たりにして、すぐに先輩を呼びに行きました・・・

その時は本当に寿命だったのか、もしかしたら病院に連れていったらもっとなんとかなったんじゃないか・・・と、

リカちゃんとの思い出は全くないのですが、衝撃的な死に目で未だに鮮明に覚えています・・・

・・・と同時に、冷たく言い放った「寿命じゃない・・?」という言葉は、私の中で、何かが違う・・・と感じた始まりでした・・



   1989年 12月4日 逝去  11歳


リカちゃん亡き後はコル1匹で寂しそうなので、母屋の台所に入れてもらうことができ、猫と一緒に余生を送り、16歳まで頑張りました・・・・。

IMG_0967_convert_20191204224926.jpg


スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック