出会えた命の足跡
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
2018年04月22日 (日) | 編集 |


この子は6年前に、ご近所さんでTNRした猫で、我が家にも3年前くらいからよく遊びにくるコロちゃんです・・(私が勝手に付けてる名前)

先月あたりから我が家の庭の柵の中で寝てることもあり、1日中うずくまってることもあって、「なんかおかしいな?・・・」と思って、目の前にご飯やチュールを差し出しても全く受けつけず、ただひたすら寝ていました・・

DSC_1051.jpg


よく見ると鼻ぐしゅで、歯茎も真っ白になって、貧血でした・・・

飼い主さんの許可を得て、病院に連れて行こうと試みましたが、それでも野良なので、巧みにかわされ、何も食べようとしないから捕獲器では捕まえられないし、バスタオルと網を持って追いかけても逃げられるばかり・・・

無駄に追いかけて、体力を消耗させてもかわいそうだから、仕方なく断念しました・・・

ここ何日か寒暖差とかもあり、気にかけて毎日探していたら、一昨日来て、「ニャア~」と私を見て泣くので、
急いで晩御飯に買ってきたイナダの刺身を試しにあげたら、なんと食べてくれたのです!!!

食べれるようになって良かった・・・

その次の日も来て、鶏ササミや缶詰も食べてくれました

DSC_1050.jpg

野良さんはたくましいですね・・・・・
・・

それでも3年前から比べると、ゲッソリ痩せて、毛艶もボソボソになってきました・・・

      3年前  

DSC_0019_convert_20180422212759.jpg

仲良しのキジトラのトラくんとは今も時折、一緒に居ます・・・

ご近所の方も気にかけてくれていて、今日はカラスに狙われていた・・・との情報があり、これからも見守っていくつもりです・・


2018年04月12日 (木) | 編集 |


アクセルくんはミニュチュア・シュナウザーの男の子で、2代目なので「アクセル2」だそうです。

昨年末から週2回のペースでお散歩に行ってますが、とてつもなく元気で、終始ハイテンションペースです~

飼い主さんが、ご高齢でお散歩に行けないので、他3日はヘルパーさんがお散歩に行ってくれるそうですが、残りの2日はお庭と家を駆けまわってます・・

とにかくお散歩が大好きで、排泄の回数が過去最多で、7~8回はをします・・・

興奮しているせいもあり、最後の方はほぼ液体です・・

マーキングも多いですが、半分も歩いた頃にはもう出なくなり、足だけあげて、カラマーキングしてます・・

今月で満8歳となり、まだまだ元気なアクちゃんとの散歩コースには、桜の花道があります~

2018041213210000.jpg


来年も見れたら良いね・・・





2018年03月13日 (火) | 編集 |


10年前の開業時に作ったチラシ・・・

3000枚作ったと思ったら、5000枚もあった・・・

その半分の2400枚は10年前にせっせと自分で配っていた・・・

あの頃はまだ若くて、ボーダーコリーのアスカの散歩がてら、一緒に歩いて配っていた・・・

400枚程度は、動物病院や知り合いのお店等に置いてもらっていた・・

100枚くらいは、水に濡れたり、汚れたりしたので捨てたような気がする・・・

残りの2100枚・・・

あれから10年経ち、お供してくれる犬もいないし、体力的に配るのもしんどい・・・

とにかく捨てるのがもったいないので、ポスティング業者さんに頼んだ・・

・・・反響は期待していないが、ペットシッターという存在自体を知ってほしい・・・

家の前に繋がれっぱなしの犬がいたら、是非 教えてあげてください~






2018年03月03日 (土) | 編集 |


東京へ移動するにあたって、先代のバセットのモンちゃんが獣医さんの薬の処方ミスで亡くなってしまったことを配慮してか、東京に来て3ヵ月後、いきなり生後6ヶ月のバセットハウンドが来ました・・

私はもうこれ以上、犬を増やすことを拒否していたのですが、大好きなバセットハウンドを目の前にすると、やっぱり心が折れてしまい、でも気持ちがまだ揺れていたので、東京王国で入った新人さんに名前をつけてもらい、「クレア」を迎い入れることとなりました・・

クレちゃんは、とにかく誰とでもフレンドリーでマイペース・・

当時、子犬で仲良しだったのが、ウィペットのトンちゃんやフレブルのくぅーちゃん、成長してからもワイマラナー軍団とな仲良くて、年齢が近いアスカやシジミとはあまり遊ばず、うちのグループ以外でよく遊んでました・・・

だから王国を辞める時、クレちゃんを置いていくかどうか躊躇しましたが、一度クレちゃんだけを残して家に帰ったら、すごい鼻をならして泣いていた・・と聞いたので、やっぱり引き取りました・・・

でも、散歩でも違う犬を見ると、とにかく遊びたくて、ドックランでもほかの犬と一緒に夢中になってボール遊びするので、発情以外はなるべくドックランに連れていってました・・

低空飛行のフリスビーもキャッチできましたが、やっぱりボールの方が大好きで、ボギーと取り合いになっても一歩も引かず、
マジ喧嘩を何度もしてました・・


発情が来るとドックランに入場できないので、知り合いの獣医さんが故郷で開業する前に、アスカ、シジミ、クレアの3匹をいっせいに避妊手術をしてくれるというので、お願いしたのです・・。

最初に、パグのシジミをしてもらい、その数日後にアスカとクレちゃんを2匹同時にしてもらいました。

アスカは麻酔後すぐに目覚めたのですが、クレちゃんはなかなか起きてこなくて、「個体差かな・・・」と呑気にしていたのが、そもそもの間違いでした・・・

夜中の2時過ぎ・・ぼんやりと覚め・・・苦しそうに息を引き取りました・・

知り合いの獣医さんも原因を知りたくて、次の日、解剖してもらい、そしたら腹空内に大量の出血がありました・・
ですが縫合はちゃんとしてあり、手術的にはなんのミスもなく、強いていうなら発情終わりだったのが要因・・

今まで何匹も去勢・避妊手術を経験したし、自分でも獣医監修の下で実際に手術したこともあって、まさか避妊手術で死んでしまうなんて思いもしなかったのです・・・

過去に王国でパグが去勢手術の際、麻酔の関係で死んでしまったことを聞いていたので、だから最初にパグのシジミをしてもらい、クリアしたので大丈夫だと・・・・

何より私がもっと早く麻酔から覚めないのを不審に思って気づいていれば・・・という後悔ばかりでした・・

クレちゃんは、先代のモンちゃんとは違って、全く病気知らずで健康そのものだったのに、なんともやりきれないです・・

獣医さんは、故郷に帰る前にわざわざ立ち寄ってくださり、クレちゃんに花を手向けてくれました・・・


大好きなバゼットハウンドなのに、2度も突然失ってしまい、何とも言えない虚しさだけ残っています・・・

許されるならもう一度、バゼットと暮らしたい・・・・

今度こそは長生きさせたい・・・と  

クレちゃん、ゴメンね・・・

大好きだったよ・・

          
          2011年 3月3日  享年 6歳


2018年03月01日 (木) | 編集 |


中標津の宿舎でジン(父)とテキーラ(母)の間の8匹兄妹で、5匹は里親がみつかりましたが、
先天性の足が悪かったターキー♂は中標津に残し、ライカ♀が犬ゾリ軍団に入り、売れ残っていた♂のボギーを私が引き取りました・・

なるべく♂は避けたかったのですが、♂しか残っていなかったので仕方なく、ジャックラッセルテリアのJOYのフリスビーの向上心を高める為にボギーを入れました・・
(♂は子孫繁栄の本能で、ケンカが絶えないからです・・

とにかく賢く、教えればなんでも習得する優等生で、さすがシェパード!と思いました・・・

番長のビアンカと、おっとりボス、ボール遊び仲間のレイラの女軍団の中で育ちましたが、一度もオスっ気は出なかったです

生後1歳になってしっかり身体が出来てから去勢手術をして、股関節のレントゲンを撮って異常はなかったので、フリースタイルでとてつもないほどのジャンプもさせていました・・・

Nabaho311 (2)_LI

北海道の大地は、土の上や雪の上ということもあったからか脚への負担をやわらげていたらしく、
東京に引っ越してから関節炎となってしまいました・・

アスファルトの上を歩くからだと思っていましたが、元凶はここからだったかもしれません・・・

フリスビーより何よりボールが大好きで、それを利用して視符(手の動作で指示)はレイラ以上に習得でき、プロモーションビデオでは大活躍?でした・・

5年前に去ったボギー・・・ 

王国が閉園した後、ターキーとライカは北海道に戻ったけど、兄妹8匹の中で2番目に長生きしてくれました・・


貴方はたくさんの人に好かれていて、それだけ何か特別なものを持っていたのかもしれないが、私には未だにわからないです・・

ただ表面に出さないクールさと、照れ屋で真正直なところがボギーの魅力だったかな・・・?と思います。

いきさつははどうであれ、私のところに来てくれてありがとう~

そして嫌じゃなかったら、私のところにまた来てね・・・

              
        2013年 3月1日  享年 14歳8ヵ月