出会えた命の足跡
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
2018年03月03日 (土) | 編集 |


東京へ移動するにあたって、先代のバセットのモンちゃんが獣医さんの薬の処方ミスで亡くなってしまったことを配慮してか、東京に来て3ヵ月後、いきなり生後6ヶ月のバセットハウンドが来ました・・

私はもうこれ以上、犬を増やすことを拒否していたのですが、大好きなバセットハウンドを目の前にすると、やっぱり心が折れてしまい、でも気持ちがまだ揺れていたので、東京王国で入った新人さんに名前をつけてもらい、「クレア」を迎い入れることとなりました・・

クレちゃんは、とにかく誰とでもフレンドリーでマイペース・・

当時、子犬で仲良しだったのが、ウィペットのトンちゃんやフレブルのくぅーちゃん、成長してからもワイマラナー軍団とな仲良くて、年齢が近いアスカやシジミとはあまり遊ばず、うちのグループ以外でよく遊んでました・・・

だから王国を辞める時、クレちゃんを置いていくかどうか躊躇しましたが、一度クレちゃんだけを残して家に帰ったら、すごい鼻をならして泣いていた・・と聞いたので、やっぱり引き取りました・・・

でも、散歩でも違う犬を見ると、とにかく遊びたくて、ドックランでもほかの犬と一緒に夢中になってボール遊びするので、発情以外はなるべくドックランに連れていってました・・

低空飛行のフリスビーもキャッチできましたが、やっぱりボールの方が大好きで、ボギーと取り合いになっても一歩も引かず、
マジ喧嘩を何度もしてました・・


発情が来るとドックランに入場できないので、知り合いの獣医さんが故郷で開業する前に、アスカ、シジミ、クレアの3匹をいっせいに避妊手術をしてくれるというので、お願いしたのです・・。

最初に、パグのシジミをしてもらい、その数日後にアスカとクレちゃんを2匹同時にしてもらいました。

アスカは麻酔後すぐに目覚めたのですが、クレちゃんはなかなか起きてこなくて、「個体差かな・・・」と呑気にしていたのが、そもそもの間違いでした・・・

夜中の2時過ぎ・・ぼんやりと覚め・・・苦しそうに息を引き取りました・・

知り合いの獣医さんも原因を知りたくて、次の日、解剖してもらい、そしたら腹空内に大量の出血がありました・・
ですが縫合はちゃんとしてあり、手術的にはなんのミスもなく、強いていうなら発情終わりだったのが要因・・

今まで何匹も去勢・避妊手術を経験したし、自分でも獣医監修の下で実際に手術したこともあって、まさか避妊手術で死んでしまうなんて思いもしなかったのです・・・

過去に王国でパグが去勢手術の際、麻酔の関係で死んでしまったことを聞いていたので、だから最初にパグのシジミをしてもらい、クリアしたので大丈夫だと・・・・

何より私がもっと早く麻酔から覚めないのを不審に思って気づいていれば・・・という後悔ばかりでした・・

クレちゃんは、先代のモンちゃんとは違って、全く病気知らずで健康そのものだったのに、なんともやりきれないです・・

獣医さんは、故郷に帰る前にわざわざ立ち寄ってくださり、クレちゃんに花を手向けてくれました・・・


大好きなバゼットハウンドなのに、2度も突然失ってしまい、何とも言えない虚しさだけ残っています・・・

許されるならもう一度、バゼットと暮らしたい・・・・

今度こそは長生きさせたい・・・と  

クレちゃん、ゴメンね・・・

大好きだったよ・・

          
          2011年 3月3日  享年 6歳


2018年03月01日 (木) | 編集 |


中標津の宿舎でジン(父)とテキーラ(母)の間の8匹兄妹で、5匹は里親がみつかりましたが、
先天性の足が悪かったターキー♂は中標津に残し、ライカ♀が犬ゾリ軍団に入り、売れ残っていた♂のボギーを私が引き取りました・・

なるべく♂は避けたかったのですが、♂しか残っていなかったので仕方なく、ジャックラッセルテリアのJOYのフリスビーの向上心を高める為にボギーを入れました・・
(♂は子孫繁栄の本能で、ケンカが絶えないからです・・

とにかく賢く、教えればなんでも習得する優等生で、さすがシェパード!と思いました・・・

番長のビアンカと、おっとりボス、ボール遊び仲間のレイラの女軍団の中で育ちましたが、一度もオスっ気は出なかったです

生後1歳になってしっかり身体が出来てから去勢手術をして、股関節のレントゲンを撮って異常はなかったので、フリースタイルでとてつもないほどのジャンプもさせていました・・・

Nabaho311 (2)_LI

北海道の大地は、土の上や雪の上ということもあったからか脚への負担をやわらげていたらしく、
東京に引っ越してから関節炎となってしまいました・・

アスファルトの上を歩くからだと思っていましたが、元凶はここからだったかもしれません・・・

フリスビーより何よりボールが大好きで、それを利用して視符(手の動作で指示)はレイラ以上に習得でき、プロモーションビデオでは大活躍?でした・・

5年前に去ったボギー・・・ 

王国が閉園した後、ターキーとライカは北海道に戻ったけど、兄妹8匹の中で2番目に長生きしてくれました・・


貴方はたくさんの人に好かれていて、それだけ何か特別なものを持っていたのかもしれないが、私には未だにわからないです・・

ただ表面に出さないクールさと、照れ屋で真正直なところがボギーの魅力だったかな・・・?と思います。

いきさつははどうであれ、私のところに来てくれてありがとう~

そして嫌じゃなかったら、私のところにまた来てね・・・

              
        2013年 3月1日  享年 14歳8ヵ月


2018年02月26日 (月) | 編集 |


もうすぐ、お雛様です~

これは私が・・、確か小学校の高学年から中学にかけて作ったフェルト人形のお雛様です。

家は超貧乏で、お雛さまがなかったので、だったら自分で作ってやる~!と、
作った過程の思い出は全くないのですが、作りきった!という事実は鮮明に覚えていて、
何度か実家に戻って自分の荷物を取りに行ってたのですが、その度に母は、
「あんたのものは全部捨てたよ・・・」と言われていたから、諦めていたのです・・・

昨年、引っ越しにあたり兄が大掃除をしていたら、開かずの間にこれが入っていたそうです

他にも、成績表やら卒業証書、文集、習字等、兄妹分がたくさん出てきたそうです・・・

私に関しては、昔見た映画やお芝居のパンフや、一人暮らししてた家計簿等もあり、
懐かしいものだらけで、母に感謝しました・・・


小さい頃は作ることが大好きで、小学校の文集には、将来の夢は「手芸屋さんになる」と書いていました・・

大高輝美さんのフェルト人形にはまり、クラスメイト全員?に作って渡していたみたいです・・。

でも先日、高校のバレー部のメンバーにも人形を作って渡していた事実があったと知り、自分で驚きました~

今では料理さえも作らないのに・・・

DSC_1009_convert_20180226105933.jpg


お内裏様、お雛様、三人官女、五人囃子・・と10体いますが、それぞれ顔の表情が違います・・

一番好きなのが、この太鼓をたたいてる子かな・・?
       
DSC_1012_convert_20180226105956.jpg


どなたか、この雛飾りいりませんか~

手作り感がハンパないですが・・・






2018年02月21日 (水) | 編集 |


病院に勤めている知り合いの方から連絡が入り、

一人暮らしの高齢者の方が散歩中に倒れて、救急車で運ばれた後、医師からはもう自宅に戻れないと診断され、

残されたのがこのパグの7歳を預かれないか・・と・・・。

北海道のパグ好きのSちゃんが、前々からパグを飼いたい!と知っていたので即答でOKしたら、

なんとSちゃんの娘さんの進学で経済的に今は無理・・との事・・・

OKしちゃったし、とりあえず我が家で預かることとなりました・・・

最後の犬のパグが去り、1年半ぶりに新たに来たのがまたパグ・・・

これも何かの縁なのでしょうか・・?

シジミの愛用してたカエルのクッションの上で寝ています・・・

DSC_0077_convert_20160619140658.jpg
               シジミ

DSC_0998_convert_20180221115351.jpg   ノリちゃん

甘やかされて育ったらしく、体重はなんと13キロ・・

最初の日だけ、クンクン鼻をならして玄関のところで泣いてましたが、次の日からはもう何時間寝るんじゃ!
というくらい、すっかり猫にも無関心でくつろいでます・・・

懐かしい寝息とイビキです・・・

とにかく、久しぶりに散歩で近所を周り、なんとかダイエットさせねば・・・・



2018年01月30日 (火) | 編集 |


戌年の始まりは、ポニーさんのお世話から始まりました~

2年振りのポニーさんたちは変わりなかったですが、1年前くらいに捨てられたのかとても人懐っこい、このシマジローくんが馬小屋の後ろに居ついたので、

ポニーの飼い主さん曰く、去勢手術をして地域猫として飼うこととなったそうです・・。

とにかく甘えん坊で声が大きい~

お隣さんやお向かいさんにもご飯をねだったり、ポニーさんの散歩コースの近くのお宅でもちゃっかりご飯を頂いてたり・・

そして最近では見かけない、家の屋根に登ってるのを久しぶりに見ました・・・CAI_0361_convert_20180130215413.jpg

余りにも慣れすぎてるから、心無い奴に虐待されないように、家の中で飼うことをお勧めしました・・。

CAI_0359_convert_20180130215436.jpg

昨年、ピクシーちゃんは2回交配したのですが、残念ながら妊娠しなかったそうで、・・・

ロールくんは、なんと馬馬車を引けるように調教されたそうです~

2頭とも仲良しのままですが、シマジローくんとはあまり接触しないみたいです・・・